スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
あいのこと
2010 / 10 / 29 ( Fri )
前回の書き込みであいは元気ですと書き込みました。

しかし、今は・・・病院に入院中です。
先週の日曜日、食事に口をつけないのが心配で朝一番にかかりつけを受診しました。

血液検査・エコー・便の検査などをしてもらい原因不明との事
脱水予防にと点滴をして抗生剤を頂き帰宅しました。

それからどんどん状態が悪化し夕方には歩くことが出来なくなりました。
病院は午前中まででどうしようもなく
手をこまねいている間に状態は悪くなりました。

夜、急に意識がなくなり痙攣を起こし悲鳴を上げる状態になりました。

大パニックの中、1人の先生のことを思い出しました。
実家の先住犬を往診で診てくださっていたR先生です。
あいの最初の検診以後かかっておらず怒られて断られる覚悟、失礼承知で連絡を取ると
すぐに飛んできてくださりました。

治療は夜中まで続きました。
もう少し連絡が遅ければあのまま苦しんで亡くなっていたと厳しくお叱りを受けました。
かかりつけでの治療内容に不満だらけだと強い怒りを感じておられました。
今晩持たせれば・・・と言われ先生の指示通り主人と交代で一晩中マッサージと
水分補給・ブドウ糖点滴の管理を続けました。

月曜日の朝、朦朧ながら意識を回復し水分を含ますと口を動かすようになりました。
これ以上自宅では無理と先生の紹介で提携の病院に入院させていただけました。

血液データーが悪く全身状態も瀕死の手前・・・とにかくお任せするしかなく
5日をめどに検査と治療を開始しました。

検査の結果、あいの肝臓は半分の大きさしかなく胆嚢の中に泥状になった胆汁が溜まっている。
その結果、インシュリンの貯蔵がうまくいかず低血糖で発作を起こしたのだろうとの事でした。
肛門腺が化膿しており痛みによる食欲不振から
悪いサイクルが始まり今まで小さくても問題なかった肝臓に負担がかかり
全身状態を狂わせたと思われるとの事でした。

肛門腺も受診して絞っていたし日曜日も熱も測ったし診てもらっていたのに・・・。
肝臓もエコーでわかる事なのに・・・。

毎日病院に顔を出し励まし続けました。
少しずつ元気になっているように見えましたが検査データーは悪化するばかり
それでも希望を捨てず先生方を信じて頑張ってきました。
R先生も毎日何度も診に行ってくださいました。
そして今日が運命の5日目でした。
この5日、毎日覚悟をし悔やみ謝罪し泣き続けました。
家族それぞれに大きなショックを抱え辛い日々の中この日を迎えました。

なんと!
今日は私を見るなり尻尾をバタバタ振ってしっかり立ちあがってくれました。
検査データーもまだ正常値にはなりませんが著しい回復が見られました。
あいは本当に良く頑張ってくれました!
「誰が通っても顔を上げて尻尾を振ってくれるんですよ。かわいい子ですね」スタッフの皆様も
口をそろえてそう言って下さりますますあいの回復を感じました。

まだまだ油断は出来ませんがとりあえず1つ峠を越えました。
これからもあいの闘病生活は続きますが先生方を信じて家族で力をあわせて頑張ります!!

日曜の夜にも関わらず飛んできてくださったR先生。
あいのためにご尽力くださっているM動物病院のスタッフの皆様。
夜も病院休日も顔を見に来てやってくださいと快く待っていてくださり
ずっとついてくださっていた院長先生
皆様への感謝は図りしれずお礼の言いようがありません
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日のあいちゃん | ホーム | うれしい出来事>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aimanamama.blog15.fc2.com/tb.php/396-cadcdd66
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。