スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
りんご病 1
2006 / 06 / 06 ( Tue )
長くブログをサボっていました。
その訳は・・・りんご病!
話せば長いお話なので2つに分けたいと思います。
病気の話しなんて面白くありませんが”りんご病”と検索してきた方に少しでも役立つよう細かく書き込みたいと思います。

そもそも始まりは娘でした。
5月の中旬、土曜の夜に頬が赤くなり腕・足に発疹が出ました。
次に日は日曜で私が野球部の当番だった事もあり
夜間救急センターへ受診しました。
結果は”りんご病”
かゆみがあったためかゆみ止めを処方していただきました。

顔の発疹は2日ほどで消えましたが全身に発疹が出て
かゆみが酷く結局完治に2週間近くかかりました。
幸い発疹のほかは何も症状がなく2日ほど学校を休んだだけとなりました。(発疹が出た時点で感染力はありませんがだるさがあり発疹も酷く学校に行くのが可哀相だったので休ませました)

以下りんご病について・・・
りんご病とは

ほっぺがりんごのように赤くなるので、りんご病とよばれています。ほっぺたが赤くなる前にかぜ症状を訴えることはあります。希に、関節痛、頭痛、腹痛。しばらくして、太ももや腕には赤い斑点やまだら模様ができます。頬がほてったり少しかゆくなることもあります。発熱しない人が多いですが、希に39-40℃の高熱の時があります。大人がかかると、微熱が出たり腰や膝が痛むことがあります。一旦消失して再び発疹が日光、寒冷、入浴、外傷、ストレス、摩擦などにより2-3週間後に出現することがあります。溶血性貧血、血小板減少症、関節炎を合併することがあります。また妊婦の罹患により胎児死亡が起こることがありますので気をつけましょう。秋から春にかけて多いようです。不顕性感染は欧米では約25%、我が国では約10%です。

潜伏期間: 17-18日
感染期間: 感染後5-10日後までですが、発疹出現時にはウイルスは見つかりません。発疹出現前に人にうつしているかもしれません。


●治 療
自然に治りますが、かゆみが強いときはかゆみ止めを処方します。

●家庭で気をつけること
・食べ物: いつものとおりでかまいません。
・入 浴: かまいません。ただし熱い風呂に長く入ると赤みが強くなって、長びくことがあるので、短時間できり上げましょう。
・運 動: 運動で体が熱くなったり日光に長くあたると、長湯と同じように赤みが長びきます。

●こんなときはもう一度診察を
・かゆみが強くなったとき。

・高い熱が出たとき。

・元気がなくなってきたとき。

●保育所・学校
頬が赤くなったときは、すでにうつる時期をすぎているので、行ってもかまいません。しかし、あまりまっ赤な頬なら2~3日休むほうが無難でしょうね。
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<りんご病 2 | ホーム | そらさくママさんからのプレゼント>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aimanamama.blog15.fc2.com/tb.php/202-965c6b39
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。