スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
図書の貸し出し
2005 / 07 / 14 ( Thu )
20050714151154.jpg


子ども達の学校で図書の貸し出しがあります。
息子は仕掛け本が好きなようでよく借りてきます。
娘の借りてくる本はほとんど動物が主人公です。
中でもダントツはワンです。
私も読ませてもらうのですが
いつも感動したり辛かったりで泣いてしまいます。
(出産を気にかなり涙もろくなってしまいました)
その中でも1番印象的なのがこの本です。

主人公は獣医大学の1回生。
実験用にと保護犬の管理センターに行くところから始まります。
2匹の犬を引き取って帰るのですが
その犬が可愛いあまり世話をするうちに
すっかり仲良しになっていきます。
しかし、1匹は実験により弱って虹の橋に渡ってしまいます。
それをきっかけに残った犬を引き取り共に暮らしていくのですが
最後の時、どこかへいなくなってしまいます。

辛く切ないものがたりです。
でもその中に1人と1匹の友情みたいなものも
書かれていて印象的でした。
「お母さんまた泣いている!」と言っている
娘も目が赤くなっていました。
泣き虫親子です。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<今日の1日 | ホーム | 練習しました。>>
コメント
--(><)--

ひゃぁぁー、あらすじを聞いただけで、うるうるしちゃいます。
特に、動物物って、絶対泣いてしまいますよね。
そして、娘さん可愛らしいです(*^^*) 。
わんと共に生活して、命の尊厳みたいなものを小さいなりにちゃんと学んでいくものですね。素敵な親子だぁぁーー☆
私もそうなりたいです!!
by: Angieママ * 2005/07/15 10:36 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます。--

Angieママさん
わたしよりそらさくママさんが教えてくれているのかも?
いつもワンを守っているところがカッコいい!
と尊敬していますから・・・。
アンジーママさんがアンジーちゃんを大切に思っている。
それを見て育つ子どもさんは絶対に素敵な
心を持って育つはずです。

by: 愛のママ * 2005/07/15 13:44 * URL [ 編集] | page top↑
--動物の本。--

楽しい内容のものもあるけど、それと同じだけ辛い内容のものもありますよね。
私は昔からなぜか辛い現実を見ようとしてしまう人間で、いつも見てから後悔します。
見ないほうが楽なのに(苦笑)
小さい頃からちゃんとこういう本が読めるのは素晴らしいことだと思いますよ!!
ちゃんと動物の痛みや心を分かって揚げれる心優しい子に育つと思います(*^▽^*)
でも、考えすぎて私のように頭がいっぱいいっぱいになっちゃわないように気をつけてくださいね(^▽^;)へへへ。
ってか、私が娘さんに教えてるなんてとんでもない!!!!(驚)
子はいつでも親の背中を見て育つものです~!!!特に母親の存在は大きいですよ!!
って、子供いないのに熱く語っちゃいました(汗)
私、いつか子供が出来たら、愛のママさんのお子さん達のような子に育てようと思います!!
まだまだ手のかかる毛むくじゃらの子供がいるので人間の子供は誕生しそうにありませんけど(笑)
by: そらさくママ@会社 * 2005/07/15 14:41 * URL [ 編集] | page top↑
--お返事ありがとうございます。--

そらさくママさん
うちの子たちのように・・・
かなり苦労しますよ!(笑)
頑固で気が強く反抗的ですから・・・。
あいまなの方が育てやすいです。
私は子供たちと同じレベルで歩んでいるので背中は見えないかも?
褒めれた子ではないですが動物を思う心は持った子に育っていると思います。
by: 愛のママ * 2005/07/15 21:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aimanamama.blog15.fc2.com/tb.php/20-719becbf
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。