スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
SOSです!
2005 / 11 / 03 ( Thu )
そらさくママさんのサイトよりSOSです。
(今回里親探しとは違う内容の記事が含まれていますが
ママさんの熱い思いが込められており私も改めて深く考えさせられました。
少し長くなりますが全文コピーさせていただきました)


先日「ある繁殖場が縮小されることになり、多くのワンたちの里親を探している」とメールが届き、まだ公開していないと言うことだったので別館は使わず、リアルで動いて里親様を探していたのですが、無事に50頭の里親様が決まったと言う連絡が入り、ホッとしていました。
(そらさくママ、ほとんど役立たず…(T▽T)アハハ!)

が、まだ病気で入院している子の里親様は見つかっていないとのことです。


2ワンともお産犬でした。
そして、2ワンとも病気だと言う理由で、真っ先に繁殖場の縮小の為の犠牲とされてしまったのです。

繁殖場縮小…

来年6月に施行される改正動物愛護管理法、生後間もないペットの販売禁止を受けて、これからますますこういったことが起きてくるでしょう。

愛護法が改正されるのはうれしいことですし、正しいことです。
しかし、ただ改正するだけではこのような悲劇があとを絶たないでしょう。

今回のようなケースはまだマシなケースなのかも。。。
黙って餓死させて処分してしまう人間が出てこないか、かなり心配です。。。
法の改正だけではなく、それに基づく取締りや対策等を行ってほしいです。

ブリーダーの免許制度、生体オークションやペットショップでの生体販売禁止…これが実現するまでには、あとどれくらいかかるのでしょうね。
(そらさくをペットショップから迎えてる私が言うのはおかしいのかもしれませんが…)

↑の実現にはまず私たち需要者が気を引き締めないといけません。
見落としがちですが、需要があるから供給があるのです。

ファッション感覚で次々と人気犬種に買い換えるバカな人間、子犬の可愛さに衝動買いをし、自分でその犬種の性格やかかりやすい病気等を調べもせず、躾が入りにくい、病気になってお金がかかる等の理想と現実とのギャップで簡単にワンを手放す人間。
こういった人間が減らない限り、この現状が変わることはないのかもしれません。

余談になりますが、私がなぜトレーナーを付けずにそらさくの躾を頑張っているかと言うと…
(よく「なんでそんなに躾ける必要があるんだ?」「行き詰っているならトレーナーをつけた方がいいのでは?」と言うご質問・ご意見をいただくので、ここでついでに答えちゃいます。)

ちょっと意地になっている、と言うのも1つの理由ですが(苦笑)、経済的理由等でトレーナーが付けれない方、自分はまったく何もしないで訓練所に預けっぱなしで、自分の言う事は聞かないから捨てる、と言う方に、素人1人でも頑張ればここまで出来る、ということを知ってもらいたいからです。
偉そうなことを言えるような人間ではないのですが、せめて「こんなはずじゃなかった」「上手く躾が入らないから嫌になった」などという理由でワンを手放して欲しくはないのです。
訓練所に預ける、と言う事は大型犬なら仕方ないとこかもしれませんが、やはり、オーナーとワンとの信頼関係が築けていなければ出来ないいことはたくさんあると思いますし、オーナーとワンの信頼関係、これが1番大事だと思います。
だから訓練所に預ける場合もワンだけではなくオーナー様にも頑張って欲しいと思います。
誤解のないように言っておきますが、トレーナーをつけている方、躾け教室に通っている方、ワンを訓練所に預けてはいるけど自分も頑張ってるという皆様を否定しているわけではありません。(訓練所に預けっぱなしで、あとはほったらかしという方には賛成できませんが)
私のお友達はトレーナーをつけている方も、躾け教室に通ってる方も、訓練所を利用されている方も、皆様ワンとオーナーが一丸となって頑張っている素晴らしい方たちばかりです。

重複しますが、大事なことはオーナーとワンとの絆と信頼関係。

自分は何も努力しないで「こいつはバカだから」と捨てるようなことは許されません。
バカなワンなどいません。全てオーナーのやる気・根気・愛情しだいなのです。

そらさくが特別躾が入りやすいワンだということは絶対にないです。
リアルにパピーの頃のそらを知る方、HP開設当時からの常連様はご存知だと思いますが、そらは本当に暴れん坊で我儘で手のつけようがない子でした。
そんなそらでも1年半頑張れば、絶対に出来ないと思っていた『ヒール』まで出来るようになったのです。

「1年半も?!」と思った方もいるでしょう。
素人1人で躾けると、もちろん時間がかかります。
ですが、どんなに時間がかかってもできないことはない、と私は思っています。
まだまだ2人ともアホアホなときはありますが、それは私の努力が足りない証拠。
これからもずっと頑張っていくつもりです。

ワンはどんなオーナーだって、全身全霊で愛してくれます。
どんなに綺麗事を言ったって動物を『飼う』こと自体が人間のエゴ。
だから私たちには我が子の愛情に全力で答え、愛し、そして我が子を幸せにする義務があります。
だから…「躾が入らないから」なんて理由でワンを手放さないで下さい。

まぁ…私が心配しなくてもここに遊びに来てくださっている方たちは「そんなことで手放すもんか!!!」と叫ばれる『我が子熱愛病』のオーナー様ばかりだと思いますが(笑)

そらさくママも重度の『そらさく溺愛病』ですしね…( ´艸`)


話が物凄くそれてしまいましたが、ジジちゃんとデイジーちゃんのこれからの幸せを願って、リンク&トラバのご協力お願い致します。

この世の不幸な仔たちがみんな幸せになりますように…。

今回も私の偽善者発言で気分を害された方がいると思います。
本当にゴメンナサイね。


詳細はそらとさくら別館又はhttp://www.geocities.jp/ark_angels2005/zizi.html
http://www.geocities.jp/ark_angels2005/deizi.htmlをご確認ください。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<決心がつきました。 | ホーム | ワン・ワン・ワン>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://aimanamama.blog15.fc2.com/tb.php/120-520ccf79
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。